読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は1日晴れ模様。

 今までは降らないと思っていた雨が降っていた。昨日は降ると思っていた雨が降らなかった!朝は寒いですが今日の天気は一日晴れ、暖かくなりそうです。

 

 畑の作業が目白押し、やるなら今しか無ねえ!っていう感じです。しかし天候に左右されやすい露地(ハウスの無い)での畑仕事だけだと作業が重なってきて大変です。一転ビニールハウスでの栽培は水の量、温度も人の手でいろいろ管理が出来ますし、作業的に計算が付きやすいのが特徴でしょうか。

 栽培される植物にとっても、雨、風、温度、外から害虫も雑草の種や動物も入り放題の土地で育てられるのと、ある程度すべて管理されて育てられるのと、同じ野菜で全く違う生き方をして来ます。どちらが良いかという事はなかなか難しく、コスト、作業、作物の種類、味、大きさ、歩留まりなどいろんな要素が絡みあってきます。

 

 作物にとっては野生の中で育って自然淘汰された強い者のみが生き残るという露地栽培という考え方もありでしょうし、逆に英才教育された全ての平均点が高く、全ての者が生き残るハウス栽培なんて考え方もあるでしょう。

 なんか人間と重なる部分が多いような気がして来ました。もちろん同じ生き物なので当たり前でしょうか?

 しかし1つ違うのは作物として食べられる生き物のほとんどは、種の段階から品種改良されて人間の食べやすい、育てやすい形で生まれて来ている点。人間は大谷翔平吉田沙保里を掛け合わせる訳にはいきませんし。

 実は野生の植物では無いので、管理してやらないとうまく育たないという側面もあるそうです。人間も教育は最も重要ですしね。

 植物に関してはすべて聞いた話ですので、これから少しずつ体験していく事になります。