読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜のドーム。

 灰色のコンクリートが桜のじゅうたんに変わりはじめた様です。個人的には桜のドームとなるこの数日が展勝地の見どころじゃないかと思います。

 

 畑ではアスパラを初収穫。10本ほどですがアスパラを地主さんに出荷!もちろんダメな奴は既に自宅で味見しています。

 

 始めての事で調達する備品も多いですし、あれもこれも試してみたい物が多いので、最近毎日宅配屋さんが来ています。楽天、アマゾン、ヤフオク、メルカリを駆使して情報を手に入れて、安く買えます。「アスパラ 鎌」でアマゾンで検索すれば10種類以上出て来るのに、ホームセンターでは売っている所は珍しいくらいです。送料入れても値段はさほど変わらないですし、5000円位になればな通販の方が安いですから選択の余地がありません。

 ヤマト運輸の報道をよく最近よく目にしますが、需要が供給を上回ってこれからも増え続けるバブリーな業界、値段を多少上げても需要はあるでしょうし、雇用も生まれるし設備投資も出来るでしょうし良い事づくめ。一生懸命ネガティブな報道するのはちょっと意味不明でして、問題なのはそこに全てを奪われる地域の業界の方だと思うのですが・・・。

 

 そろそろ一度入れたら外からは取り出せない宅配BOXみたいのに入れてもらえると助かりますね。宅配BOXみたいのがある家は値引きしてもらえれば、便利で安くしかも各家庭でで設備投資してもらえるのですから、システムだけを作れば良いだけだと思うのですが。郵便局も含めて、各社そこだけは協力すればいいのですが出来ない理由があるのかしら?

 

 

動機。

 どうやって収穫しようか、どうやって出荷しようか、どうやって畑に来てくれる人たちを迎えようか、いろいろ悩みは多い毎日です。

 

 ここで生かされるのが今までちょこちょこやって来たDIY。大体の素人大工道具はそろっていますし、素人知識は有りますので何でも自分で作ります。これは自宅をを建ててから、余った木材でウッドデッキを作った事から全てが始まっていますので自宅に感謝。いろんな経験が農業の役に立ちます。

 

 始める動機は何でもいい事で受動的な事が多いですが、人生の選択に大きく左右してきます。何でも無駄だと思わずに、始めて見るって大切だと思います。そこには新たなキラメキが待っている事も?有ります。。

 F1界ではフェルナンド・アロンソがアメリカのインディ500に出場することを決めました。動機はというと、明らかにHONDAの性能の悪さから優勝争いにの絡めない下位の争いをしているから、つまらなくてしょうがなかったから。チームも了承して一緒にチームも参戦します。メルセデスフェラーリにとっては、モナコGPを欠場して出るのでチャンピオン争いには無駄な事なので出来ませんが、今となっては羨ましく思う人たちも多いでしょう。

 

 やってみてダメだったら失敗したと思わずに、無駄な事が良くわかって良かったと思います。「無知の知」に近い原理です。

 今の自分にはその大切さが分からなかったと記憶の中に入れておけば、将来役に立っていたりします。

 

 ちなみに新婚旅行のついでにロスでインディカーの最終戦を見て来ています。大好きだったファン・パブロ・モントーヤがチャンピオンを決めたレースでしたが、スタート直前のトイレで隣合わせして一緒に写真を撮ってもらった、グレック・ムーアという選手がスタート直後のクラッシュで死亡するという衝撃が今でも忘れられません。

脈々と流れる生産技術の血。

 やっとのことで頂いていた炭を撒こうと試みますが、意外と細かくて煙の様に飛んで行ってしまうので、どうしようか悩んだあげくに考えました。ちょうど頂いていた牛肥の湿り具合が良さそうだったので、撹拌しながら散布出来る機械に半々で投入、ぐるぐる回したらチョコフレークの様に炭でコーティングされた堆肥が完成。炭が倍増した様になり、散布したら黒ゴマたっぷりのお赤飯の様になりました。

 俺間違ってないかな?

 

 話は聞いていても作業はユーチューブでいろいろ見ながら見様見真似、見つからないのは適当に考えてエイ!アスパラにとって間違っていても今は気づきません。

 

 しかし作業で作業効率で良いのか悪いのかは、実は14年在職した前々職の生産技術で学んだ事が大変役に立っています。たいがいの機械は自分で直ぐに改良しますし自分で作れます。新しく作るのは面倒なので、古くて動かない機械を買っても直してさらに改良します。農業の生産技術で生きていく自信もあるくらいなので、ほんと今に生かされています。

 育てて頂いて今となっては申し訳ありませんが、これも一度しかない自分の人生なので仕方ありません。ほんと感謝しています。有難う御座います!

ヘリが面白い。

 アスパラ畑は25列に畝が立てられ、50~60mくらいの長さがあります。初めてなので、全ての列の状況も知りたくて、端の列から畝をレーキがけして草も取りながら土の深さなどを確認して、堆肥をま来ました。各列それぞれいろんな特徴がある面白いのですが、これからは全て一番良い状況にそろえて、特徴の無い様にして行くのが仕事かなと考えています。

 最後の25列目、一番西側の列が面白い!一番風の当たる所で、掘ればネズミの穴が出てきますし、スギナの赤ちゃんがわんさか土の中で構えています。回りの他の雑草も多いですが、なぜか出てきているアスパラ達も一番元気なのです。ブラタモリじゃないですが、ヘリが面白い。これからどうなって行くのか楽しみです。

 

 話は変わりますが、DAZN(ダゾーン)を一か月の無料期間で解約しようと思ったらえらい目にあいました。

 見れているのにIDの登録が無いと言われ、たらい回しに。DAZNとDAZN for docomoと二種類の契約形態があるそうで、私はdocomoユーザーではないのにDアカウントを取得してfor docomoから契約したそうで、DAZNでは分からないと言われました。なんのこっちゃ?最後にそういえばDTVとやらにチェックを入れたのを思い出し、やはり契約になっていてそちらも別に解約が必要でした。

 目先の売り上げを目的に、いかにややこしくしてサービスを作り出し課金していく、蟻地獄ガラパゴス大作戦にうんざりでした。

 このままだと若い人達にはそっぽを向かれ、グーグルやアマゾンの外国勢に全て持って行かれると心配になります。

 

出荷の説明会。

 農協さんの出荷と春の管理の説明会に参加してきました。

 6月以降は収穫もしながら、来年の養分を蓄える為に茎を伸ばして光合成をさせますが、その茎を病気から守る為にいろいろな薬を5日から10日おきに投与するように、普及センターから勧められています。予防の薬の様ですのでなかなかその意図を理解するのは難しいので、作った人達といつも話を出来るようにしていきたいです。

 

 アスパラの場合は1キロ800円程度での買取り価格に比較的安定しているそうですが、しかしそこからいろんな手数料が4割ほど取られるそうで?初めから買取価1キロ480円と言えば良いにに?なんだかわからない事だらけですが少しづつ分かってくると思います。

 コストコでメキシコかどこかから、保冷されて飛行機で運ばれてきたアスパラが袋にごそっと450gで450円で特売していて、1キロに直せば1000円位で安く感じましたがそこらへんが、私の感覚で安いと感じる目安かな?微妙な数字の売り方に奥の深さを感じます。

 長さも形もそろっていませんがボリューム感で勝負でしょうか。数本で同じ太さできれいに縛られたりはしていません。

 私の感覚と、消費者の一般的な感覚。消費者にもいろんな種類に分類する必要もありますし、今年は無理ですが、来年以降いろいろ楽しみです。

 

 久しぶりにジムでランニング。昨日言われた動いていなかった右肩を動かす様に意識していると、不思議とバラバラで理解できなかった右足への体重の乗り方が安定したように思います。なんだか改善策が見えてきたような?でも動かしていなかった右肩は重たいので慣れが必要です。

いよいよ収穫前に、一休みです。

 昨日は朝から仕事して、午後から天候も荒れ気味と予測していてお休みに。貯めていた計画を一気にかたずけに仙台へGO。

 

 ①通っているジムでランニングフォームを見てもらい新たな発見が有りました。右肩何か怪我でもしましたかと指摘され、気にしていなかった痛みをかばう様に可動域を狭めているのが下半身にも影響しているのではないか?と良い事聞いた。しっかり肩も直そうと決意しました。

 ②オークションで狙っていた仙台にある商品を落札。実は保管状況が悪くサビがひどかったのでと無料で頂く事になりました。

 ③ムサシというホームセンターでお買い物。ここはコメリより凄いんです。一緒にあるスーパーも凄くて、産直で野菜たちを偵察。桁違いの品揃えはさすが人口の違いを感じます。

 ④最後に閉店間際のコストコでお買い物。いろいろ欲しいものはありますが、今回は食料のみの調達。熊本空港そばにある果実堂という農業ベンチャー企業の商品が凄いんです。発芽大豆とリーフレタスを購入して研究?と言うより何度買っても関心します。

 

 と大満足の休みを過ごして、いよいよ収穫間近です。

ここって景色が良いんです。

 夜に降った雨が、太陽に温められて一面に立ち込める水蒸気が幻想的、数本のアスパラも、もうすぐ手のひらサイズまで伸びました。西には奥羽山脈が一面きれいに見える環境ですので、写真を1枚取りたくなりますが、無くしたスマホをまだ調達していませんでした。

 

 収穫までもう少し、そろそろまた初めての収穫と出荷の体験とお手伝いに来てくれる人の事も考えないといけません。いろいろ悩めるうちにもう一つの田んぼの畑への転換の準備の話もアドバイス頂き、堆肥と緑肥、トラクターの準備も必要です。近隣の大きなハウス栽培でお宅で地下水の話を聞き、将来のハウス栽培も現実味をおびて来ました。

 開墾した土地からは早速青々とした雑草が生えて来ていましたし、そこでは少し家庭菜園を考えていましたし、残った細かい根っこの処理も必要です。その土地に続く作った道はには、昨日降った雨で堤が出来ていると近隣の人にアドバイス頂き、ダムを決壊してきました。

 そろそろ杉林に中に仕込んだナラの榾木で、来年のシイタケを!これまた近隣の人にアドバイス頂き見よう見真似で手を付けます。

 

 なんか自然と回りの人達がいろいろ教えてくれます。