ハウスの運搬終了!

 数日の悪天候を吹き飛ばすように、早朝から3カ所のハウスを回収しまくりました。3人で作業しますと思った以上にはかどります。しかし、秋の乾かない畑は危険がいっぱい。早速、重たいトラックがスタックしました。今回は殆ど使わずに宝の持ち腐れとなっていましたクレーンの必需品、アウトリガーが大活躍。軽く車体を持ち上げてくれまして、タイヤの下を整地して板を滑り込ませて一件落着なのであります。

 明日からは落ち着いて畑に戻り、年末に向けてアスパラ達の撤収。そして雪に埋まるその時まで、来年に向けた準備を始めて行きます。

 

 トラックを返しにせっかく花巻まで行きましたのでスチールのチェーンソー屋さんに立ち寄り、5年使ったチェーンソーを新調しました。60aの雑木林を19800円の入門モデル一本で開拓しましたので、もうボロボロでした。そして購入したのが!全く同じ物。今までのは予備として、また部品取りとして使います。余計な物が何もついていない丈夫でコスパ最高の相棒であります。

 そして今回は30センチのガイドバーにしました。汎用性を考えると35センチなのですが、薪を集めるくらいなら十分です。チェンソーへの負担も少ないし、取り回しも良いはずです。

 

 

 

冬到来。

 トラックを借りたは良いが、今朝は吹雪・・・。明日までの命のトラックですので何とか作戦を考えないといけません。

 

 スキー場には雪が積もった様でして、スキーシーズンまでもう少し。北上市の特徴はやはり本州では最高レベルの積雪量を誇るスキー場が有る事です。東京から2、3時間の新幹線一本で辿りつけるこの立地を生かさないといけません。

 これからは何処でも自由に、ネット環境だけで仕事の出来る人たちが増えて来ます。住みにくい都会からある程度のロングステイで、仕事しながら田舎に過ごす。過ごしやすければ住み着いてしまう事も有るのでしょう。地方の時代がやって来る事は間違いありません。外国人観光局を増やしつつも、そんな日本人のビジネスマンを引き付ける魅力を創造する事が出来るのか?

 大きな企業誘致に大金を使うよりも、頭を使えばお金が無くても出来る事は沢山あるはずです。

 私も1月は何処で過ごそうか、そろそろ考えないといけません。

 

ハウスの運搬。

 急に一週間くらい毎日プールで少し泳ぎまして、マスターズ水泳大会でした。毎年また冬のうちの泳ぎ込んでレベルアップしようと思いますが、現状維持が精一杯。トレーニングの時間も増やしまして今冬こそは泳ぎ込みたいと思います。

 

 今日からは、レンタル屋さんから4トンのロングのユニックを借りまして、それぞれ4カ所の分解したビニールハウスを回収して回りましす。

 クレーンは人の持てない重たい物を積み込むのには重宝しますが、ハウスのパイプの場合はバラバラですので、人海戦術で積み込んだ方が早く済みそうです。今後はクレーンで運ぶのを前提に、しっかり束ねて準備しておけば一人でもクレーンを使って素早く運搬出来るのかもしれません。

 しかし、短いトラックと違って長いパイプも置くだけで済みますし、安全に沢山積むことが出来ます。今日は15間分のハウスを余裕で運搬出来まして、20間までなら一度で行けそうな気がします。

 さっさと運び終えて、雪の降るまで出来る所までハウスの建設を進めて行きます。

 

ヤフーとLINEの経営統合。

 昨晩からヤフーとLINEが経営統合の協議に入っているとニュースで騒がれています。

 今年からうちの畑でも、ヤフーの運営するPAYPAYとLINEPAYの加盟店となって、お客様のアスパラの購入に使える様にしています。しかし、実は使ってくれるのは数人でして、LINEPAYに関してはゼロ。LINEPAYはメッセンジャーアプリを利用して決済後に友だちとして繋がり、告知等が簡単に無料で出来て最強だ!と話をしていたのですが・・・。PAYPAYの強みは地道な活動で営業マンが加盟店を開拓していまして、NO.1の座を確保している。

 経営統合となれば両社の強みが最大化で独り勝ち、時代の流れの速さを実感します。

 

 クレジットカードやプリペイドカードやお財布携帯等は、加盟店の端末に掛かるコストと、後払いで4~5%の手数料は店が負担=お客さんの代金に加算されているます。現金はコストが掛からないと思われがちですが、レジ等の現金の取り扱いとセキュリティーに掛かるコストはクレカ以上で、もちろん商品に上乗せされています。そんな現実を理解している人は少ないのです。

 加盟店は無料で契約してQRコードの紙を貼るだけで手数料も格安。どんな小さな町のお祖母ちゃん一人のタバコ屋さんでも始められますので、時間の問題で本当の意味でのキャッシュレスが実現出来ます。お客さんはスマホを失くしても、開けられない様にしておけば使われる心配は無いしデータは無くならない。

 そして何より最大の効果は、お店のコストが減る=商品が安くなる。

 

 スーパーやコンビニで見ていると、まだ使う人は1割にも満たないとは思いますが、未来の椅子取り合戦は佳境を迎えようとしています。

日報駅伝!

 毎日走っていますと、日に日に調子が上がって来ます。今年はストライドを伸ばして、跳ねる様に全身を使って走る事を意識しています。

 先週、陸連の練習会でベテラン選手から、もう少し跳ねる様にお腹、胸を反らしてとアドバイス頂き、目から鱗。まさしく今年意識して目指している事なのですが、傍から見ればそうは見えてない様子。自分の意識が全く結果に表れていない様です。改めて、さらなる変化を求めて行きます。

 という事で、今年の日報駅伝は7区を走らせて貰う事になりました。花巻の入口から出口までを駆け抜けます。

昼間も寒い!

 昼間も寒くなり、外の作業に防寒が必要な季節になって来ました。自宅の桜の葉も落葉して来ました。昨年落葉した日にインスタグラムに投稿したのが11月9日。農業を始めるまではこうした季節の変化を感じる事は有りませんでしたが、植物達は365日の1日を確実に感じ取っています。

 

 今週はパートさん達もいったん休みにしてもらい、1人重機で畑の深耕と、堆肥散布を終われせてハウス建設前の土の準備。アスパラを植えてしまえばもう動かす事の出来ない作業です。結果何が一番良いのかまだ分かってませんので、ハウス毎に少しづつ作戦を変えて行こうと思います。

 

 来週開けからロングのユニックをレンタルして、ばらした4棟のハウスの骨を運び込み建設を始めます。まだクレーンはペーパードライバーですのでどんな事になるのか分かりません。全て手で積み下ろしした昨年、一昨年の事を考えれば超らくちんのはず。この先まだまだ大量のハウス建設の長い道のりを、安全に安心して行うことが出来るはずです。

 そしてハウスの建設と並行して月末には、完全に紅葉して根に養分を貯め込んだ露地のアスパラの撤収を始めます。いよいよ大詰めです。

 

 

露地の状況。

 最近、皆さん手が空いて来たのか、畑に視察に来る人達が増えて来ています。今日は市役所や普及所など新規就農者の経過を視察に来て頂きました。

  実は私もマークしている畑に出向いて、一年間の成果ともいえる、この時期の露地のアスパラの様子を観察しています。

 今年のうちの露地アスパラは、昨年に比べて9月に入ってからの病気の出方が多く、10月の長雨でやられて状況はあまり宜しく有りません。ここからはほんの少しのアスパラ達のご機嫌に答えて行く、繊細な迷宮に入って行きます。病気に負けない鍛え抜かれた健康なアスパラを何時かは見て見たいので有ります。

 ハウスのアスパラに逃げたい気持ちも有るのですが、露地も絶対に諦めない。利益だけが全てでは無く、難題を乗り越え突き抜けたら嬉しいに決まっているからです。